Docker Windows

WindowsでWSL2とDockerを使って開発環境を構築する方法

最近仕事ではMacを使っておりWindowsでの開発は少し離れているのですがWindowsのDocker環境を構築する必要があったので備忘録も兼ねて手順を残したいと思います。
今回の目標としてWeb向けとしてPHPをつかったLalavel開発環境を構築したいと思います。
この記事ではDockerのインストールとUbuntu(WSL2)から使う手順を記載します。

Docker Desktopのインストール

今回はUbuntu(WSL2)にDockerをインストールするのではなく、Docker DesktopをWIndowsにインストールしてUbuntuからWindows側のDockerを操作します。
UbuntuでもDockerをインストールすることはできるのですが、systemdが使えないため動作させるためのインテグレーションなどが少し必要になるので今回はお手軽なDocker Desktopを使っています。
このあとUbuntuの設定を行いますが、設定後はUbuntuで直接dockerコマンドを使えるので、どこにインストールされているかを意識することはあまり無いかもしれません。

インストールと設定

適当にインストールします。
あんまり注意することはないので、起動したら問題ないです。
設定画面から以下の項目を設定してください。

1. General > Use the WSL 2  based engine

2. Resources > WSL INTEGRATION > Enable integration WSL 2 distros you want to access Docker from

Dockerの設定は以上です。
なお、WindowsからDockerを使うために必要な知識がこのページに記載されておりますので一読します。
Docker Desktop WSL 2 backend

Ubuntuの設定

特に設定する項目はなくて、Dockerコマンドをユーザーで操作できるようにグループに追加するくらいです。
sudo usermod -aG docker ユーザー名
ログインシェルによってユーザー名($USERなど)を表す環境変数の指定方法が違うので注意が必要です。
また設定後は一度ログアウトしたあとdockerコマンドを実行できるか確認します。

まとめ

2年前にVirtualBoxを使ってDocker環境を構築していたことを思い出したのですが、2年でここまで世界が変わるのかというくらいWindowsの進化が早いことに驚きました。
次は今回構築したDockerにLaravelの開発環境を構築していきたいと思います。

参考サイト

Docker Desktop WSL 2 backend
WSL2でWeb開発環境の構築メモ (zsh, node, dockerなど)

-Docker, Windows

© 2021 ビー鉄のブログ Powered by AFFINGER5