その他

Apache2.2系をソースからコンパイルしてインストールする

投稿日:

時は2017年で、もう2018年になろうとしております。
若い頃はApache、PostgreSQLなどはすべてソースからコンパイルしてインストールしておりました。
今はパッケージ管理システムのお世話になっております。
おそらく今後Apacheをソースからコンパイルすることはないと思うし、パッケージ管理が楽なので最近はソースからコンパイルしたことがないと人も多いと思うので思い出としてソースコンパイル手順を残しておきたいと思います。

ちなみに2.2系はEOLなので新規導入などでは使わないほうがよいです。
過去のしがらみがあってどうしてもという場合だけ。

# gccなどの開発ツールをインストールする
sudo yum groupinstall "Development Tools"
sudo yum install openssl-devel

# Apache 2.2をダウンロード
cd /usr/local/src
sudo curl -LO http://www-us.apache.org/dist//httpd/httpd-2.2.34.tar.gz
sudo tar zxf httpd-2.2.34.tar.gz

# コンパイルしてインストール
cd httpd-2.2.34
sudo ./buildconf
sudo ./configure \
  --prefix=/usr/local/apache \
  --enable-so \
  --enable-rewrite \
  --enable-auth-digest \
  --enable-dav \
  --enable-ssl \
  --enable-proxy \
  --enable-proxy-ajp \
  --enable-setenvif
sudo make
sudo make install

# 起動するか確認
sudo /usr/local/apache/bin/apachectl start

# ページを表示できるか確認
curl localhost

流石に起動スクリプトとかは残っていませんでしたが、ベースはbuild/rpm/httpd.initにあります。
今回は/usr/local/apache以下にインストールしてますのでbuild/rpm/httpd.init適度に修正する必要があります。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自宅パソコンのケースをDefine R4に交換しました

自宅でNASとして使っているパソコンがあるのですが、そちらのケースを交換しました。 交換に至った経緯は、パソコンを見てもらえればわかると思います。 そうです、ケースの蓋を開けて扇風機で冷やしておりまし …

VGAサポートステイの導入

先日新しいグラフィクスカードを買いました。 関連記事はこちら。 ROG-STRIX-RTX2070-O8G-GAMINGの重量は計測していないので適当なことは言えませんが、1kgはありそうなのでマザー …

ブログ5周年を迎えました

このブログをはじめて早いもので5年経ちました。 月に2-3回の更新しかしていないのですが一定以上のアクセスがあり本当にありがたいと思っております。 ブログを初めた経緯 もともとこのブログの目的は当時趣 …

Bitcasaの有料アカウントを導入してみました。

Bitcasaの有料アカウントを申し込みました。 2008年当時はまだクラウドブームの浸透時期だったので、我が家でHTTPサーバーを公開していました。 じゃ、ついでにHDDたくさん積んでNASにしよう …

Bitcasaが値上げしたことでおすすめできなくなった

最近といってもこの記事を書いている日の前日に、無制限クラウドストレージドライブのBitcasaの料金プランに改定があったみたいです。 安くなったのではありません、正直とんでもない値上げされました。 ま …