DB

PostgreSQL 10.0をCentOS 7にインストール

久々にPostgreSQLをインストールしたのでメモ。
昔はソースからコンパイルしてたんですけど今はyumでインストールしてます。

2018-02-28追記
CentOS標準レポジトリからPostgreSQLを除外する方法をvimのエディットからyum-config-managerを使う方法へ変更しました。

標準パッケージのPostgreSQLをインストールしないようにする。


sudo yum install yum-utils
sudo yum-config-manager --setopt=base.exclude=postgresql* --save
sudo yum-config-manager --setopt=updates.exclude=postgresql* --save

PostgreSQL 10.0をインストールする


sudo yum install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/redhat/rhel-7-x86_64/pgdg-centos10-10-2.noarch.rpm
sudo yum install postgresql10-server

# initdbを実行する(--no-localeとエンコーディングにutf-8を指定)
sudo PGSETUP_INITDB_OPTIONS="--encoding=UTF-8 --no-locale" /usr/pgsql-10/bin/postgresql-10-setup initdb

# 起動する
sudo systemctl start postgresql-10

# 確認
sudo -i -u postgres psql -l

initdb時に指定したオプションが反映されているか確認


                             List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding | Collate | Ctype |   Access privileges   
-----------+----------+----------+---------+-------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8     | C       | C     | 
 template0 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
           |          |          |         |       | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
           |          |          |         |       | postgres=CTc/postgres
(3 rows)

-DB
-

© 2020 ビー鉄のブログ Powered by AFFINGER5