DB

WindowsユーザーのためのPostgreSQL用クライアント

投稿日:2015/11/29 更新日:

[box class=”blue_box” title=”2018-03-11 追記”]新しく2018年版も書きました。
2018年版 WindowsユーザーのためのPostgreSQLクライアント[/box]

仕事ではMySQLよりPostgreSQL歴が長かったりします。

プロダクション環境へのクエリはさすがにpsqlを使われる方がおおいかと思いますが、開発環境やステージング環境へクエリを発行する場合は何らかのGUIクライアントソフトを使うことが多いと思います。
最近使っているGUIクライアントツールを簡単に説明したいと思います。
(Windows版です)

GUIクライアントソフト履歴
2000年前後・・・CSE(Common SQL Environment)
2014年前後・・・A5:SQL Mk-2(今ここ!)
実は10年以上CSEを使っていました。
その間に一時的にpgAdminを使っていましたが、すぐにCSEに戻ってしまいました。

CSEを使い続けた理由

CSE自体は2001年くらいにはすでにあったような気がします。それなりに老舗のソフトだと思います。
ホームページ探してみたら、今でも配布してるそうです。
ちなみに、CSE自体はPostgreSQL専用のGUIクライアントではなく、MySQLなどの他のRDBMSにも対応しています(別途ドライバなどが必要・・・だと思います)
CSEを使い続けた理由ですが、2点あります。
・動作がサクサク
・SQL崩し
CSEは、機能自体はそれなりにシンプルなので結構サクサク動きます。ただレコード数の多いテーブルをselect等するとそれなりにビューが重いです。
あと便利だったのがSQL崩し。どういうことかというとSQL文のフォーマットを行います。

select id, created_at, updated_at, username, password from users where id = 999

みたいなSQL文をCSEのエディタに貼り付けて、SQL崩し(ショートカット[Ctrl] + q)すると

select
  id,
  created_at,
  updated_at,
  username,
  password 
from
  users 
where
  id = 999

みたいな感じで、見やすく整形してくれます。ただし、サブクエリなどは正しく整形してくれなかった記憶があります。
シンプルゆえに軽い、操作も簡単という、自分としてはすごい使いやすかったツールです。

pgAdminがなじまなかった理由

動作環境や感覚にもよるんだと思うんですけど、pgAdminは高機能なのですがその分少しもっさり・・・これはもちろんCSEに比べたらということなのでそれほど感じられるほどもっさりはしないと思いますが、CSEよりはもっさりすることもあり、自分には馴染めませんでした。
pgAdminはすごい高機能でGUIクライアントソフトという枠組みではなくPostgreSQLの管理に重みをおいたソフトだと思います。
GUI上からユーザーを追加できたり、テーブルのカラムなども編集できたと思います。
自分の場合、GUIを使って操作するよりもSQL文で操作することがおおいので、そういうこともありpgAdminはあんまり使わずにCSEに戻りました。
あと、SQL崩しがやりかった・・・。

A5:SQL Mk-2を使っている理由

ホームページはこちら
昨年末くらいからこのクライアントツールを使っています。
CSEくらいサクサク動く、色々便利っていう感じです。

サクサク動く

使っているパソコンの性能によるところも大きいのかのしれませんが、CSEを使っているのと同じくらいサクサク動きます。
重いと感じたことは一度もないです。

便利機能

SQL崩し(SQL整形)があります。しかもオプションで整形結果を制御できます。
キーワードの大文字小文字変換、カンマの位置、and orの位置など。
よほど細かい要望出ないかぎりは、ある程度自分の思い通りの整形ができると思います。

構造ツリー

個人的にすごい便利な機能が構造をツリー表示してくれる機能です。
sqltree
カラム名がすごいたくさん書かれたsql文をデバッグするときに役立っています。
サブクエリなども一応表示してくれます。

ER図

自分でER図をかけたり、データベースからER図をかけたりします。
OpenSource系のたとえばWordPressとかのデータベースもER図で見てみると楽しいかもです。

今のところ無料

しっかし、このソフトが今のところ無料で使えるというのが本当に驚きです。

まとめ

開発中はGUIで見たほうがレコード状態がわかりやすいということも多いかと思います。
psqlでも全然問題ないんですけど、その選択肢の一つとしてA5:SQL Mk-2が今のところ自分には一番馴染んでいるかなーと思っています。
JetBrainsが0xDBEというソフトを開発中?らしいので、こちらもどういうソフトになるのか期待されます。

-DB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2018年版 WindowsユーザーのためのPostgreSQLクライアント

2015年にWindowsユーザーのためのPostgreSQL用クライアントという記事を書きました。 WindowsユーザーのためのPostgreSQL用クライアント あれからもう2年以上経過したので …

MySQL(MariaDB)でPostgreSQLのgenerate_seriesっぽいことをする

PostgreSQLにはgenerate_seriesという集合を返す関数があるのですが、これを使うと連続した値を生成することができます。 例えば各レコードに保存されている1%単位の度数(freque …

PostgreSQL 10.0をCentOS 7にインストール

久々にPostgreSQLをインストールしたのでメモ。 昔はソースからコンパイルしてたんですけど今はyumでインストールしてます。 [box class=”blue_box” …

no image

pgAdminからCSEに出戻った・・・

Windowsを使っていて、PostgreSQLに直接クエリーを発行したい場合は、主にツールを使って発行する場合が多いです。 ローカルにあるテストサーバーに対しては特にツールを使うことが多いです。 自 …