Windows

Windows Terminalでターミナル環境を整える

先日、WindowsでClaspを実行するためにNode.js環境を整えました。

ClaspはCUIで操作するのでコマンドプロンプトを使って実行するのですが、なかなかに使いにくい。

Windowsはこのターミナル環境がなかなか難しいところがあって、過去に何度か試みているもののそれほど使う機会もなくいつの間に使わなくなっています。
ですが最近のMicrosoftは本当に10年前とは全く別の企業なのではないかと思うくらいに変化しています。
Microsoftが開発しているWindows Terminal(現在はプレビュー)を使ってターミナル環境を整えたいと思います。

目標

やりだしたらきりがないので、今回は以下のことを目標にターミナル環境を構築したいと思います。

  • フォントをRictyにする
  • 外見をダークテーマっぽい感じにする
  • Powerlineを扱えるようにする(できれば)

実はPowerlineはConEmuで以前試みていいところまでいったのですが、微妙にずれたりして結局使わなくなりました。
なので今回もWindows TerminalでPowerlineはできればにしたいと思います。

Windows Terminalのインストール

Windows Storeからインストールします。
現在プレビュー版ですがインストールできるみたいです。

インストールしたら起動します。
デフォルトはPowerShellみたいですね。

何気にタブ機能がついてます。

フォントの変更する

タブの横にある下向きの矢印をクリックするとオプションが表示されるのでSettingsをクリックします。
するとエディタが起動します。
プレビュー版なので設定画面がないのか、そういうものなのかJSONを直接記載するようです。
ファイル名はprofiles.jsonになるみたいで保存場所は%USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.WindowsTerminal_8wekyb3d8bbwe\LocalStateとなるみたいです。
使いたいフォントをfontFaceに指定します。
PowerShellやcmdなどのコマンドごとに設定できますがデフォルトを指定することもできます。
今回はデフォルトで指定したいと思います。
profiles.defaults.fontFaceに指定します。
なお変更後はWIndows Terminalを再起動せずとも反映されるみたいです。すばらしい。

外見をダークテーマっぽい感じにする

Android等の開発はMacで行っているのですが、最近はターミナルのテーマにDraculaを使うことが多いです。
Draculaは各ターミナルごとにテーマが準備されているのですがWindows Teminalもテーマが準備されておりました。
Dark theme for Windows Terminal

Draculaのインストール方法

ページに書いてある通りなのですがページに書いてあるschemesをprofiles.jsonのschemesに貼り付けます。
その後profiles.defaults.colorSchemeDraculaを指定します。
関係あるところだけ抜粋しました。


{
    "profiles":
    {
        "defaults":
        {

            "colorScheme" : "Dracula"
        },
    },
    "schemes": [
        {
            "name" : "Dracula",
            // 略
            "brightYellow" : "#FFFFA5"
        }
    ],
}

保存すると特に再起動しなくても反映されます。

PowerShellの標準のテーマは非常に見にくいのですが、なかなかいい感じです。
あんまりDracula感がないですがScriptファイルとかだとかなりいい感じになると思います。

まとめ

今回はWindows Terminalにフォントとテーマの変更と外観の基本的な変更を行いました。
素のコマンドプロンプトに比べてかなり見やすくなったと思います。
WIndows Terminalは設定ファイルもJsonだしかなり使いやすくなっている感じがします。
Powerlineの導入はWindows TerminalでPowerlineの環境を整えるの記事をご参照ください。

-Windows
-

© 2020 ビー鉄のブログ Powered by AFFINGER5