Windows

PowerShell7をインストールする

最近、WindowsでClaspを実行するためにNode.jsの環境を構築しました。

今までは昔から何も変わらないコマンドプロンプトを使ってコマンドを実行してきましたが、さすがに辛くなったのでプレビュー版ながらもかなり良さげなWindowsTerminalをインストールして環境を構築しました。

コマンドでもいいんですけど、せっかくなのでPowerShellを使おうと思って色々調べたところ、最近PowerShell7という新しいバージョンがリリースされたとのことなので今回はPowerShell7をインストールしてみたいと思います。

PowerShellについて

ほとんど業務でも使ったことがないので、青い画面のやつというイメージしかないのですがシェルなのだと思います。
PowerShellもWindowsのみで動作するWindows PowerShellとクロスプラットフォームのPowerShell Core2系統あるみたいです。
詳しくはPowerShell CoreからPowerShell 7に至る道 - Ver.1.1が非常にわかりやすいです。
PowerShell Coreのバージョンは6が最新だったみたいですが、2020年3月に7がリリースされました。

現在インストールされているバージョンの確認

現在インストールされているPowerShellのバージョンは特にアップデートしていなければ5系がインストールされていると思います。
ちなみに現在のバージョンを調べるコマンド(これは環境変数か?)は$PSVersionTableらしいです

PowerShell7のインストール方法

PowerShellの知識はあんまりないのですが、PowerShell7をインストールするときは新規インストールになり既存のPowerShellの環境は残るみたいです。
これが良いか悪いかはわかりませんが・・・。

PowerShell7をダウンロードする

最近のマイクロソフトを象徴しているのですがPowerShellはオープンソースで公開されており、何とGitHubからダウンロードできます。
PowerShell / Get PowerShellを開きます。
Windows x64 のLTSをダウンロードします。

PowerShell7をインストールする

ダウンロードしたファイルを実行するとインストーラーが起動するので適当にインストールします。

動作確認

プログラムの一覧にPowerShell 7というプログラムが追加されていますので実行します。標準でインストールされているPowerShellはWindows PowerShellというプログラムです。
実行したら$PSVersionTableを実行して7.0.0と表示されていればインストール完了です。

まとめ

PowerShellはよくわかっていないのですが、最近のバージョンをインストールすることができました。
Windows10自体はそれほど大きく変わっていないかもしれませんが、周辺ツールが大きく変わってきていると思います。
次回はWindows Terminalの設定をしていきたいと思います。

参考資料

PowerShell 7が正式リリースされました

 

-Windows
-

© 2020 ビー鉄のブログ Powered by AFFINGER5