その他

FF14のワンタイムパスワードを導入してみた

投稿日:2014/01/10 更新日:

パスワードなんて、あってないようなものなので、少しでも安全性を高めるためFF14でもワンタイムパスワードを導入してみました。

自分がぱっと調べた感じFF14でワンタイムパスワードを使用するには2種類の方法があるみたい。

セキュリティートークン

有料
スクエアからワンタイムパスワード表示用の機器(たまごっちみたいなキーホールダーみたいなやつ)を購入しワンタイムパスワード認証を行う。

ソフトウェアトークン

無料
iPhoneやAndroidなどのスマートフォン用のアプリケーションをダウンロード(無料)してワンタイムパスワード認証を行う。
登録に使用したスマートフォンなどを紛失、故障した場合は、救済措置などをしなければログインできなくなるかもしれないので、ここは注意。

スマートフォンが常に手元にあり、手軽に行いたい場合はスマートフォンで完結できるソフトウェアトークンでワンタイムパスワード認証したほうがお手軽かなーと思う。
しっかりと、行いたい場合はワンタイムパスワード認証用の機器を購入した方がいいと思う。

ソフトウェアトークンの登録が完了したら

登録が完了すると、今までのようにアカウントとパスワードではログインできなくなるので、これらに加えて必ずワンタイムパスワードを入力しなければなりません。
また、アカウントとワンタイムパスワードでもログインできず、アカウント、パスワード、ワンタイムパスワードの3つが必要になります。

ソフトウェアトークンの強制解除

ソフトウェアトークンを使用中に、認証に使用しているスマートフォンが壊れた場合は認証できなくなる。
そこで、ソフトウェアトークンの強制解除という救済措置を講じているので、ソフトウェアトークンでワンタイムパスワードを設定したら、必ずこの強制解除パスワードを控えておくこと。これがなかったら、ログインできなくなってスマートフォンが再び使用できるようになるまでログインできなくなり当然ゲームもプレイできなくなるので、絶対に控えておいたほうがよいです。
強制解除パスワードは、スクエアエニックス アカウント管理画面のトップページにでかでかと書いてあるので、これをしっかりとメモして保管しておく。
ソフトウェアトークン
間違っても、無くなった時に管理ページからメモするなどと思わないこと!
ワンタイムパスワードがないから、管理画面にログインできません。

自分は、この手のアカウント情報はEverNoteに暗号化して保存しているので、一応パソコンのディスク障害で逝ってしまっても多少大丈夫なようになっています。

パスワードは本当にあってないようなものなので、しっかりと管理したいです。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブログ5周年を迎えました

このブログをはじめて早いもので5年経ちました。 月に2-3回の更新しかしていないのですが一定以上のアクセスがあり本当にありがたいと思っております。 ブログを初めた経緯 もともとこのブログの目的は当時趣 …

MuninにTomcatプラグインを追加して監視する方法

Muninにtomcat用のプラグインを設定して監視してみました。 以下のような環境に設定してみました。 CentOS Tomcat 7.0.42 JVMのメモリー使用量がわかるのは大変ありがたいです …

自宅パソコンのケースをDefine R4に交換しました

自宅でNASとして使っているパソコンがあるのですが、そちらのケースを交換しました。 交換に至った経緯は、パソコンを見てもらえればわかると思います。 そうです、ケースの蓋を開けて扇風機で冷やしておりまし …

WIndows10でJPEGのExif情報を一括更新する

最近、写真管理をGoogleフォトに乗り換えました。 Googleフォトのアップロードの写真サイズは無制限を使っています。 一眼レフでたまに写真を撮ったりしているのですがRAWでは保存していないので高 …

4Kモニター買ったら感動した

先日ついに4Kモニターを購入しました。 今更なんですけど4Kモニターが素晴らしすぎて感動しました。 自分が買ったのはEIZOのEV-2785というシリーズです。本当に買う直前まで2Kモニターにしようと …