IDE/エディター

Eclipse4.3 kepler Pleiadesを使って日本語化

投稿日:2013/10/31 更新日:

タイトルの通りです。
Macで使っているEclipseが3.7で、まぁこれはこれで慣れているのですが、せっかくMavericksにアップデートしたので、Eclipseも4.3 Keplerにアップデートします。
普通に使う限りは英語版でも問題無いのですが、せっかくなのでpleiades化してみたいと思います。

Eclipseのダウンロード

Eclipseのダウンロードサイトからダウンロードします。
自分は64bit版をダウンロードしました。

Eclipse IDE for Java EE Developers | Eclipse Packages

Pleiadesのダウンロード

Windowsの場合だと、超絶便利なAll In Oneをダウンロードすればいいんでしょうけど、多分Mac版はないので、ここではPleiades本体をダウンロードします。
Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MergeDoc Project-1

Eclipseの展開

適当に展開しちゃってください。

tar zxf eclipse-jee-kepler-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz

Pleiadesの展開&インストール

普通にunzip pleiades_1.4.0.zipと行うと、カレントディレクトリにpluginsディレクトリなどが展開されますので、先ほど展開したeclipseのディレクトリ内で展開すると良いかもしれません。
展開するだけでインストール完了です。

Eclipseの設定

ReadMeを読む限り、Pleiadesを展開しただけではダメみたいですので、Eclipseの設定ファイルにPleiadesを使用するように記述します。
eclipseのディレクトリに、そのままEclipseというファイルがあるので、これを右クリックしてパッケージの内容を表示をクリック。

MacOS

開いたら、ファイルの末尾に以下の文を追加します。

-javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

起動して動作確認

普通に起動します。
Java EE - Eclipse - _Users_kelopo_eclipse_4.3_eclipse_workspace
日本語化されてますね。

まとめ

英語版でも全然問題ないと思いますが、Pleiadesを使って日本語化する方法でした。

-IDE/エディター
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Eclipseで保存時に末尾の空白を削除(フォーマット)しないようにする方法

Eclipseを使って新規開発じゃなくて、既存プロジェクトなどをインポートしてソースファイル保存したらスペースが自動的に削除されて、バージョン管理システムで本来の修正するところではないところまで差分表 …

EclipseでJSPエディタのフォントを変更

EclipseでJSPファイルを開くとJSP用のエディタが開くと思います。 簡単な文法チェックをしてくれたり、インポートの保管をしてくれたり何かと便利なので使っています。 ですが、フォントがデフォルト …

AtomのGitHubプラグインを使ってみました

AtomにGitHubのパッケージがバンドルされたバージョン1.18にアップデートしてみました。 そんなにプラグインはインストールしていないので、特に問題なく行えました。 またGit操作をパッケージも …

MacのEclipse4.3 KeplerにTomcatプラグインをインストール

先日、MacのEclipse4.3を日本語化しましたが、次はTomcatプラグインをインストールしてみます。 Tomcatプラグインのインストール 自力でインストールするのは、数年ぶりです・・・。 こ …

もう3年早く読みたかったIntelliJ IDEAハンズオン

ようやくIntelliJ IDEAハンズオンを読み終わりました。 タイトルの通りなのですが、もう3年早く読みたかったです。 今年の春くらいに、14年近く使っていたEclipseからIntelliJ I …