IoT・ハードウェア

2万円で買えるWiFi6メッシュTP-Link Deco X20

自分が勤めている会社も4月からテレワークという言い方はしたことないけど所謂Work From Homeになっています。
TP-LinkのArcher A10をアクセスポイントとして使っておりました。
アクセスポイントは1階に設置してあって仕事部屋は2階の部屋でアクセスポイントからは距離的には一番遠い部屋になります。
Fast.com等で計測した感じだと100Mbpsはでないけど60Mbpsから80Mbpsくらい業務で使っているMacBookProでZoom等のビデオ通話とかする限りでは特に問題はありませんでした。
ですが同じ部屋のスマートフォンだと50Mbpsくらいで、普通にインターネットする限りは問題ないのですがYouTubeなどコンテンツによっては少し不安を感じます。
Work From Homeが続きそうなので環境を整えることにしました。

環境

家で仕事をしている限りインターネット環境は生命線とも言える大事な要素なので以下のような基準を満たす製品を探しました

  • Wi-Fi 6対応
  • メッシュWi-Fi 対応
  • DS-Lite対応 優先度は低め

この中でWi-Fi 6対応は[必須]でメッシュWi-Fiは[できれば]でDS-Liteの対応は[あればよい]ということにしました。
家で使っているスマートフォンもWi-Fi 6に対応しているものもあり今後も増えていくと思うので、次に買うルーターはWi-Fi 6対応は必須としました。
アクセスポイントを設置予定の1階リビングと2階の仕事部屋は距離的にも離れているので、メッシュWi-Fiがあるとより安定性が上がると思われるので[できれば]にしました。
DS-Liteはインターネット環境によっては何よりも必須だと思うのですが、DS-Liteに対応したルーターがあったので、今回購入するルーターで接続できなくてもアクセスポイントとして使えば問題ないので、今回は[あればよい]にしました。

TP-Link Deco X20

色々探したというか、最初にTP-LinkのDeco X20を見つけて、これにしようと思ったので他製品と比較はしませんでした。
Wi-Fi 6対応、メッシュWi-Fiに対応して、さらに価格が約20,000円とメッシュWi-Fiにしては購入しやすい値段になっています。
そして24時間365日稼働する機器の条件として非常に嬉しい3年保証。Wi-Fi 6にメッシュ Wi-Fi、さらに3年保証がついて2万円は安いでしょう。
ということで早速購入しました。

Deco X20を購入する前に別メーカーのルーターの開封をしたのですがそれに比べて、Deco X20の箱と梱包もすごい丁寧な感じがしました。
別メーカーのルーターはメーカーらしいといえばそれまでなのですが、Deco X20のほうが箱を開けたときのワクワク感は大きかったと思います。

外箱

内箱とDeco X20

すごいシンプルだけど、無駄なものがなくまとまっています。

Deco X20の設定

今回、ルーターモードではなくX20をブリッジモード(アクセスポイント)として使用します。
2台のDecoを使いますがメインのDecoを設定します。2台のどちらでも良いので取り出して電源を入れます。
本当はキャプチャ付きで設定手順を書こうとおもったのですが、もう恐ろしく簡単で逆にいうと書くことが何もなかったのでやめました。

  1. Deco X20の電源を入れて、ランプが青点滅になるのを待つ
  2. スマートフォン等にDecoのアプリをインストールする
  3. アプリを起動して次へを連打してDecoのWi-Fiに接続
  4. 接続が完了したら環境に合わせてインターネット環境を設定する
  5. このときモード選択ができなかったので、接続方式は動的を設定しました。

これで終わりです。
やっぱりアプリから初期設定できるのが本当に楽ですね。
この直前に設定した別メーカーのルーターだとWi-Fiネットワークに接続するところまでは同じなのですが、ブラウザ開いて・・・みたいな感じになります。
不安定になったのか不明なのですが突然ルーターの設定を変更するためのサーバーの名前が引けなくなってIPを調べたりと、昔からこのやり方だったのでこれが普通かなと思っていました。
しかしメッシュWi-Fiでより複雑な感じがするDecoの設定のほうが時間もかからず簡単に終わりました。

Wi-Fiに接続してインターネットに接続できていることを確認しモードを「ルーター」から「ブリッジ」に変更しました。
これでアクセスポイントとして動作するようになりました。
強いて言えば、メインのDecoを設定するときに、このモードを選択できるとよりよいなと思いました。

2台目の追加

メインのDecoの設定が完了したらいよいよメッシュの構築を行います。
といっても、本当に電源を入れる以外にやることは何もありません。
なので手順等は割愛します。いや本当に、電源入れる>しばらくするとLEDが緑になる>アプリで新しいDecoが追加されました。

アプリではDecoの追加という操作もできるのですが、自分の環境ではDecoの電源を入れてしばらくすると自動的にネットワークに参加してました。
初めてのメッシュWi-Fiで比較できないのですが、こちらが拍子抜けするくらい簡単でした。

速度計測

ここで速度を計測してみます。
同じ部屋で試したのですが変更前は50Mbpsくらいだったのが150Mbpsくらいになったので約3倍程度早くなりました。
アクセスポイントが近いと速度も計測値では早くなることが確認できました。

電波強度

電波強度というかスマートフォンに表示されるWi-Fiアンテナの安定性なのですが、これは恐ろしく安定します。
アクセスポイントと距離が離れていると2/3表示になり、こちらの環境なのかスマートフォンをスリープにするとWi-Fiが切れているということがよくありました。
Deco X20に変更後はアクセスポイントと近い直線距離で2Mほどなので、当然なのですが3/3表示になっていますしいつの間にかWi-Fiが切れていることもありません。
これは確実にメッシュWi-Fiの恩恵かと思います。

まとめ

すごい満足しています。
2020年も残り3ヶ月ですが今の所Best Buyですね。
そのくらい満足度が高いです。
2階建て戸建て住宅のように階が別れている場合、部屋によってはWi-Fiの感度が弱くなる環境だと効果は恐ろしく高くなると思います。
もしメッシュWi-Fiの効果が心配で迷っている人がいれば、ぜひ導入を前向きに検討してもらえればと思います。
自分も、もう少し早く買っておけばよかったなと後悔しています。

-IoT・ハードウェア

© 2020 ビー鉄のブログ Powered by AFFINGER5