Provisioner

Windowsでberksコマンドを実行すると発生するエラーの対応

投稿日:2014/06/06 更新日:

先日インストールしたBerkshelfですが、実行するとエラーが発生しました。
エラー内容は取っていないのですが、ChefにバンドルされているRubyがSSLの証明書を見つけられないような感じでした。
その対応方法です。

使用しようとしている証明書のパスを表示させると

ruby -ropenssl -e 'p OpenSSL::X509::DEFAULT_CERT_FILE'

と実行すると

"C:/Users/Luis/Code/openknapsack/knap-build/var/knapsack/software/x86-windows/openssl/1.0.0k/ssl/cert.pem"

と表示されます。
まぁ、”Luis”なんてユーザーは存在しないわけで、プログラム内にこの場所がハードコーディングされているのが原因ということでした。

まず、正しい証明書をダウンロードします。
http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem
これを適当なフォルダに保存します。
自分はC:\MinGW\sslというフォルダを勝手に作成しましたが、特に意味はありません。

Windowsの環境変数に以下を設定して対応できました。

SSL_CERT_FILE = C:\MinGW\ssl\cacert.pem

これ、Windowsの環境変数、自分はユーザー変数として定義して無事にberksを実行することができました。

-Provisioner
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ChefでTomcatをバイナリインストールする(準備編)

先日の記事で、ChefでTomcatをパッケージインストールしましたが今回はバイナリでインストールしてみたいと思います。 大きな作業として以下を考えました。 ・Tomcatアーカイブファイルの転送 ・ …

AnsibleでZabbixSever3.0の環境を構築する

最近、何のブログかわからなくなってきておりますが、久々のAnsibleネタです。 AnsibleでZabbixServer3.0を構築するPlaybookを書きました。 playbook-zabbix …

Windows7 64bitでChefとKnife-soloを実行

MacであればVagrantとChefの環境は比較的簡単に構築できます。 ですが会社だと政治的な理由?からどうしてもMacを利用できない。けどVagrantとChefを使いたいということがあるのではな …

ChefでTomcatをインストールする(パッケージインストール)

Chef実践入門を第三章まで読み進めました。 2章は実際にChefを動かしてみてどういうものかとりあえず触ってみる章でしたが、3章はRecipeの書き方など2章で書いて動いていた部分を詳細に説明する章 …

ChefでTomcatをバイナリインストールする(とりあえず動いた編)

先日の記事に引き続き、ChefでTomcatをバイナリインストールする練習です。 取り急ぎ、先日の記事でなんとなくのレシピの骨子になるようなものを書きました。 今回は、具体的にレシピを書いて行ってとり …