Provisioner

ChefでTomcatをインストールする(パッケージインストール)

投稿日:2014/05/28 更新日:

Chef実践入門を第三章まで読み進めました。
2章は実際にChefを動かしてみてどういうものかとりあえず触ってみる章でしたが、3章はRecipeの書き方など2章で書いて動いていた部分を詳細に説明する章になっています。

まだ3章までしか読み進んでいませんが、取り急ぎ本に書いてある事以外で何かしたいなーと思って、Tomcatをパッケージインストールすることにしました。
怒られるかもしれませんが、業務ではTomcatをパッケージインストールしたことはそれほどありません。
というわけで、今回初めてTomcatのパッケージインストールを行うことにしました。

環境

MacにVagrantをインストールしてゲストOSはCentOS6.5を使いました。

Cookbookの作成

何はともあれ、まずはTomcatのCookbookを作成します。

knife cookbook create tomcat6 -o site-cookbooks

Recipeを書く

続いてRecipeを書きます。

vim site-cookbooks/tomcat6/recipes/default.rb

ちなみに、本書2章のApacheのインストールをベースにしました。というよりパッケージ名だけ変更した感じですね。

package "tomcat6" do
    action :install
end

service "tomcat6" do
    action [ :enable, :start ]
end

プロビジョニングの実行

というわけで、実行

knife solo cook opscode-centos-6.5

(opscode-centos-6.5はホスト名です)

何やらログが色々でてきて正常終了すると思います。

動作確認

ゲストOSにログインしてTomcat6がインストールされているかと、起動されているか確認します。
結果、インストールされて起動もしていました。

[vagrant@localhost ~]$ chkconfig --list tomcat6
tomcat6        	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

となっているのでサービスの登録も問題なく行われていると思います。

課題

Tomcat6のパッケージインストールもバッチリ行われて大成功なのですが課題があります。
Tomcat7をインストールしたいという課題と、パッケージではなくて特定のバージョンのバイナリを展開したいという課題。
Chef実践入門を第三章まで読み進めると色々なリソース管理する方法も説明されているので、これとこれを組み合わせればバイナリ展開するところまでは出来そうなので次はバイナリ展開版を試してみたいと思います。

-Provisioner
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Windows7 64bitでChefとKnife-soloを実行

MacであればVagrantとChefの環境は比較的簡単に構築できます。 ですが会社だと政治的な理由?からどうしてもMacを利用できない。けどVagrantとChefを使いたいということがあるのではな …

ChefでTomcatをバイナリインストールする(とりあえず動いた編)

先日の記事に引き続き、ChefでTomcatをバイナリインストールする練習です。 取り急ぎ、先日の記事でなんとなくのレシピの骨子になるようなものを書きました。 今回は、具体的にレシピを書いて行ってとり …

ChefでOracle Javaをバイナリインストール

コミュニティークックブックにJavaのクックブックがあるのですが、今回はこれを使わずに独自でOracle Javaをインストールするレシピを書いてみました。 なんというか、大人の事情でJavaのインス …

ChefでTomcatをバイナリインストールする(準備編)

先日の記事で、ChefでTomcatをパッケージインストールしましたが今回はバイナリでインストールしてみたいと思います。 大きな作業として以下を考えました。 ・Tomcatアーカイブファイルの転送 ・ …

AnsibleでWordPress環境を構築する

AnsibleでWordPressの動作環境を構築するplaybookを書きました。 Ansibleが2.0系になってからしっかりとつかっていなかったのと、今使っているVPSで稼働しているOSがCen …