その他 環境

Mac mini 2011のHDDをSSDへ交換

投稿日:

最近はiMovieで家族動画を作る以外に全く使っていないのですがMac mini 2011を持っておりましてWindowsパソコンを新調した時に余ったSSDをMac miniに使うことにしました。
このMac mini 2011はディスクがHDDなので、もうすっごい遅くて何をするにもカーソルが風車(古い?)になって本当に起動するのも嫌でした。
文字書いていて変換すると風車とか・・・。最初はそんなことなかったと思うんですけど新しいOSにアップデートしていくたびにその減少が顕著になってきたのでOSのアップデートはYosemiteで止めていました。
これが、今回どのくらい早くなるか楽しみです。

事前準備

SSDとトルクスドライバーが必要です。
自分はこちらのドライバーセットを使いましたが今回の作業ではT6とT8があれば大丈夫でした。

裏のカバーを開ける

適当に開けます。

ファンの取り外し

ファンを取り外します。
トルクスドライバーはT6を使います。

ここで注意なのですが、ファンケーブルがボードに接続されているので切断しないようにゆっくりと持ち上げます。

持ち上げたらファンケーブルをボードから取ります。上に引っ張ると外れます。
ファンケーブルが外れたら次は網を外します。

網の取り外し

網は4つのネジに止められているので、それぞれ外します。トルクスドライバーはT8を使います。

網を取り外すときにWiFiのアンテナがボードに接続されているので切断しないようにゆっくりと持ち上げます。
今回のHDDは本体下部に接続されていたのでアンテナは取り外さずに作業の邪魔にならないように横においておきました。
そして目的のHDDが見えました。

HDDの取り外し

HDDは特に何かに固定されているわけではないので持ち上げると取り外せるのですが、ボードにケーブルが接続されているので先に取り外しておきます。
コネクタを上に持ち上げると外れます。

SSDにコネクタとマウント用のネジを取り付ける

HDDからコネクタを取り外す。
この時HDDは黒いシートに覆われており、コネクタ部分は粘着性のシールみたいなのが貼ってあるので、少し優しく取り外します。
自分はこのシートをHDDにつけたままにしてSSDにはつけていません。
あと、マウント用のネジも一緒に外しておきます。トルクスドライバーはT6を使います。

そしてSSDに取り付けます。
トルクスドライバーはT6を使います。

SSDの取り付け

コネクタとマウント用のネジを取り付けたSSDを本体に接続します。
実はこの作業が一番時間がかかりました。
本体に取り付けたマウント用ネジを本体奥のくぼみに取り付けるのですが、これがなかなかに難しい。
SSDを水平にした状態じゃないと、くぼみにはまらないのですが、そもそもSSDを水平にするための作業スペースがないのでうまく取り付けれず5分くらいやってみてだめでした。
で、自分はどうしたかというと・・・。一時的に本体を逆さにしたら比較的簡単に取り付けれました。
WiFiのアンテナが接続されたままなのでアンテナに負荷がかからないように作業しました。
取り付けるときに、コネクタを忘れずに本体に接続します。

網とFANの取り付け

これで大きな作業は完了しましたが、引き続き安全に作業をします。
網とFANの取り付けをします。
このときに、FANを取り付ける前にFANのケーブルをボードに忘れずに取り付けます。

最後にカバーを閉じます。

OSのインストール

今回は既存OSの引っ越しではなく新規でOSのインストールを行いました。
Macはリカバリ領域を本体に持っているのでインターネット接続状況下であれば初期OS、最新OSをインストールすることができます。
macOS を再インストールする方法
こちらにあるように最新のOSをインストールする場合はキーボードのoption + command + Rを押して起動します。
ただ、自分はMac用のキーボードを持っていないので今回はWindows用の109キーボードを使って起動します。
この場合はWindows + Alt + Rを押しながら起動します。

OSのインストール完了

で、気になる体感速度はどうなったかというと、もうめちゃ早です。
やっぱHDDからSSDへの交換って体感効果ありますね。
文字の変換時に風車にならないとか・・・感動すぎる。
あとSSDに交換した効果か不明ですが動画をエンコードした時に交換前はファンがかなり大きな音で回っていたのですが交換後は同じ動画をエンコードしてもファンの回っている音が聞こえませんでした。ちなみに、ファンの音は聞こえませんがファンは低速で回っています。

参考までに交換前後のSSDのベンチマークの結果も載せておきます。

交換前


前々から遅いと思ってだましだまし使っていたけど、これはひどい。
READが約60MBって・・・まぁこのMac miniは2011年モデルなので当時はSSDは比較的高価だったので仕方ないです。でもSSDは随分安くなりましたよね。

交換後

そしてこうなった。

早すぎ~~~~~~。
WRITEは約9倍、READは約8倍の速度が出ています。これだけでれば体感でも2倍程度は早くなっていると感じれるんじゃないかなー。実際に早いし。

まとめ

一言、SSDは神!

-その他, 環境

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自宅パソコンのケースをDefine R4に交換しました

自宅でNASとして使っているパソコンがあるのですが、そちらのケースを交換しました。 交換に至った経緯は、パソコンを見てもらえればわかると思います。 そうです、ケースの蓋を開けて扇風機で冷やしておりまし …

no image

さようならLivedoor Reader

先日、適当にはてブを見ていたら衝撃的なブックマークが目に入りました。 【重要】Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了のお知らせ 今年一番驚いたし、少しの間固まっていたと …

FF14のワンタイムパスワードを導入してみた

パスワードなんて、あってないようなものなので、少しでも安全性を高めるためFF14でもワンタイムパスワードを導入してみました。 自分がぱっと調べた感じFF14でワンタイムパスワードを使用するには2種類の …

WindowsユーザーのためのPostgreSQL用クライアント

仕事ではMySQLよりPostgreSQL歴が長かったりします。 プロダクション環境へのクエリはさすがにpsqlを使われる方がおおいかと思いますが、開発環境やステージング環境へクエリを発行する場合は何 …

EmEditorで検索するときに、前回検索文字を検索文字にする方法

実は、WindowsではEmEditorを使うことが多いです。 1GB以上のログファイル(?)とかCSVファイルとか開く場合が多いですが、その時に使うことが多いです。 で、いつくらいかなー、v11かv …

ad-sidebar




カテゴリー