PHP

CakePHPで簡単なコントローラーとビューの作成

投稿日:2014/02/24 更新日:

先日こちらの記事でCakePHPのインストールを行いました。
今回はとりあえず最初の一歩としてコントローラーとビューを使ってみたいと思います。
最終的な目標はすごい簡単で/cake/hello/にアクセスしたら、作成したビューが表示されるというものです。

CakePHPはフレームワークなので、その作法に沿ってファイル(プログラム)を配置していく必要があります。
その代わり、その作法にそっている限りは設定などはしなくていいよという、設定より規約という考え方ですね。
非常に簡単で用意するのは数ファイルです。

コントローラーの作成

まずは、コントローラーを作成します。
このコントローラーというのは具体的には/cake/hello/にアクセスされた場合の動作を定義するものです。
/cake/app/Controller/HelloController.php
というファイルを作成します。
中身は単純で以下のように設定しました。

<?php
class HelloController extends AppController {
	public function index() {
	}
}

indexメソッドの中は空で大丈夫です。
このindexメソッドが/hello/にアクセスされた時に自動的に呼び出される仕組みになっています。

ビューの作成

次にビューを作成します。
/cake/app/View/Hello/index.ctp
となるようにViewフォルダにHelloというフォルダを作成してindex.ctpというファイルを作成します。

こんにちは

文字のエンコーディングはUTF-8で保存します。

表示

ブラウザでhttp://localhost/cake/hello/を表示させてみると
cake_result1
のような画面が表示されたと思います。

結びに

今回は極端すぎる例ですが、数ファイル置くだけで簡単にページを表示することができました。
Strutsなどの設定ベースなフレームワークの場合、これらの挙動を設定ファイルに記載していく必要がありますがCakePHPの場合はファイルを配置するだけであとはフレームワークが適切に処理してくれるので設定ファイルを読まなくてもいいという利点がありますね。このくらいのアプリだったら設定ファイルはそれほど多くなりませんが、通常の業務アプリの設定ファイルとなるとかなり巨大なものになる場合もあります。URLを見ればどのファイルを使っているかというのがある程度わかるのはいいことだと思います。

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Windows7でXAMPPを使う <インストール編>

Windows7を使う機会があったので、PHPを実行できるように環境を整えてみました。 環境 Windows7 Professional なんで、Windows8ではなくWindows7ということは聞 …

no image

Windows7でXAMPPを使う <設定編>

前回、インストールを行ったので今回設定をしてみたいと思います。 前提条件として、外部には公開しないので、ガチガチに設定は行いませんが必要最低限の設定を行いたいと思います。 といっても、ほとんど設定する …

Laravelでテーブルの主キーに文字列型を使う場合のモデルの定義

ポストタイトルの通りなんですけどLaravelでテーブルの主キーに文字列型を使う場合ですがModel#findで検索すると結果は帰ってくるのですが主キー項目の値を表示されると0と表示されてしまいました …

Windows10にChocolateyを使ってPHPをインストールする

Webの業界にはそれなりの年数いるのですが、PHPはお試しでCakePHPを少し触ったことぐらいしかなくプロダクション環境で構築したことはありませんでした。 それが、今回初めてPHPでアプリケーション …

CakePHP2.4系のインストールと設定方法

今までずーっとJava/サーブレット関連の開発をしていたのですが世の中の流れか不明ですが、今回PHPの開発をすることになりました。 少し触ったことがある程度で、フレームワークとかは何も使っていない素の …