英会話

今から始める英会話 015時限目

投稿日:2017/07/06 更新日:

少し時間が空きましたが、14時限目です。

今回は助動詞と命令文について勉強します。

助動詞

can may mustなどのこと。willも助動詞。
助動詞は動詞の前に置く。

I can speak Japanese.

主語が単数・複数関係なく助動詞の後ろの動詞は原形になる。
また助動詞が2つ並ぶこともない。
will canは間違い。
will be able toとする。

can / may / mustの基本

can することができる
can’t のはずがない
may してもよい
may not してはいけない
must しなければならない

彼はサッカーするかもしれない

He may play soccer.

彼はサッカーをしたかもしれない。

He may played soccer.

はダメで、助動詞の後は必ず動詞の原型になるので

He may have play soccer.

助動詞 + haveを表す。

過去に対する後悔・避難

現在から過去のことを述べる。

should + have + 過去分詞 すべきだった
君は勉強すべきだった。

You should have studied.

should not + have + 過去分詞 すべきではなかった

You should not have drived the car.

need not + have + 過去分詞 する必要がなかった
You need not have prepared.

that節中のshould

判断や感情などを表す場合はthat節の中でshouldが使われる。そして省略されている場合がある。
stackoverflowを見ていたらちょうどよさそうなthat節があった。

It is necessary that sitemap is visible for SEO

SEIのためにサイトマップが表示されている必要がある。みたいな感じかな
他にも提案や要求などを表す場合もshouldが省略されることがある。

命令文

命令文のルールは1.主語を省略する、2.動詞の原形から始まる。

Open the door.

Don’t + 動詞の原形は◯◯してはいけない。
Never + 動詞の原形は決して◯◯してはいけない。

Let’s + 動詞の原型は勧誘。

Let’s begin now.

命令文 and / 命令文 or

命令文 + and は「しなさい、そうすれば」

brush your teeth, and demon will not come.

命令文 + orは「しなさい、さもないと」

brush your teeth, or demon will come.

参考サイト

英語の15個の助動詞が今すぐ分かる一覧と活用法
canとbe able toの違いは? 使い分けやニュアンスまとめ

-英会話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今から始める英会話 011時限目(現在完了)

11時限目です。 今回は現在完了について勉強します。 現在完了 あんまり聞き慣れない言葉だが、日本語にはない英語独特の表現方法。 I have worked at yesterday. 私は昨日から仕 …

今から始める英会話 008時限目(過去形)

8時限目です。 今回は時制の過去形について勉強します。 be動詞の過去形 be動詞の過去形 主語が一人称の場合 was I was busy. 主語が二人称と複数の場合 were They were …

今から始める英会話 017時限目 (名詞)

17時限目です。 名詞について勉強します。 数えられる名詞と数えられない名詞 簡単にいうと複数形があるものは数えられる。 そしてa[an]がつく。 数えられない名詞で代表的なのは人名、国名など。 ma …

今から始める英会話 001時限目(動詞、3単現)

初日です。 順当に1ページ目から進んでいます。 動詞の種類 動詞にはbe動詞と一般動詞がある。 be動詞というのは何となく聞いたことはあったがどういうものかわからなかった。 be動詞は基本的にはam、 …

今から始める英会話 007時限目(時制のおさらい)

7時限目です。 今回は時制を勉強します。 時制の種類をおさらいして次回以降に詳細を勉強します。 過去形 be動詞:was、were 一般動詞: 基本的には動詞の語尾にedをつける。passedとかfa …