CI

Jenkinsでビルド実行時に確認を行う方法

投稿日:2013/09/23 更新日:

Jenkins便利ですねー。
ビルドボタン一発で処理が実行されますからね。
しかしながら、中には実行が怖いビルドもありますよね・・・。
例えば、本番サーバーで運用しているアプリケーションへのデプロイとか・・・。
今回は、ビルド実行までに一手間挟むことで、ビルド実行ボタンを押しても実行されない方法のご紹介です。

と言っても、プラグインをインストールするわけでもなく、ビルド設定を変更するだけなんですけどね。

ビルドの設定にビルドのパラメータ化という項目があるので、そこにパラメータを追加します。
自分は真偽値で設定しました。
jazzybeans-production-deploy Config [Jenkins]

本当は、真偽値の値でビルド実行するかどうか決定できればいいんでしょうけど、そこまでは調査できませんでした。
ですが、誤ってビルドボタンを押してしまうということは無くなると思いますので、目標は達成できたかなーと思います。

-CI
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

CircleCIでGradleをキャッシュする

基本的にCIサーバーには何かをキャッシュする仕組みが準備されていると思います。 ビルドにGradleを使った場合JARのダウンロードに非常に時間がかかる場合があるので、是非ともキャッシュしたいです。 …

Jenkins2でpipelineを使ってビルドするやりかた

概要 先日Jenkins2がリリースされました。 今はまだJenkins1系を使っているのですが、Jenkins2でビルド時にpipelineを使えるということで、一部のジョブをJenkins2に移行 …

多分、一番簡単なApache Tomcat Jenkinsの構成

Jenkinsを外部に公開するということはあんまりないと思います。 Jenkinsを単体で動かしてもいいんですけど、Jenkins専用サーバーではなくてHTTPサーバーがすでに動作していてJenkin …

JenkinsでSCMにGitを追加して、Bitbucktからクローンする方法

JekninsでGitリポジトリを取得するためのプラグインがありますので、そのプラグインをダウンロードして、ついでにBitbucketからチェックアウトしたいと思います。 ちなみに、Bitbucket …

AnsibleでWordPress環境を構築する

AnsibleでWordPressの動作環境を構築するplaybookを書きました。 Ansibleが2.0系になってからしっかりとつかっていなかったのと、今使っているVPSで稼働しているOSがCen …