CI

Jenkinsの管理画面で「URLがUTF-8でデコード・・・」みたいな警告が表示される場合の対応方法

投稿日:2013/04/28 更新日:

クソ長いタイトルの通りなのですが、Tomcat上で動作している、Jenkinsの管理画面で
「URLがUTF-8でデコードされていません。ジョブ名などにnon-ASCIIな文字を使用する場合は、コンテナの設定やTomcat i18Nを参考に設定してください。」
みたいな警告がでる場合の対応方法をお伝えします。
(Tomcatのバージョンによって表示される場合とされない場合があるかもしれません。)

ちなみに、こんな画面
Jenkinsの管理-Jenkins-2

AJPコネクターで動作させている場合

フロントエンドにApacheがいてmod_proxy_ajpなどでTomcatに接続している場合は、conf/server.xmlの以下を修正します。

<Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443" 
           URIEncoding="UTF-8" />

TomcatのHTTPコネクターで動作させている場合

http://localhost:8080/等で直接Tomcatに接続している場合は、conf/server.xmlの以下を修正します。

    <Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1" 
               connectionTimeout="20000" 
               redirectPort="8443"
               URIEncoding="UTF-8" />

いずれの場合も、動作させているConnectorに

URIEncoding="UTF-8"

を追加しましょう。
余談ですが、Apacheからmod_proxy_ajpで接続している場合で且つTomcatのHTTPコネクターを使用しない場合は、HTTPコネクター部分をコメントアウトしておいたほうがよいと思われます。
conf/server.xmlは自動で再読み込みされないので、Tomcatを再起動します。
その後、Jenkinsの管理画面上で、メッセージが消えているようであれば、設定完了です。
Jenkinsの管理-Jenkins-3

-CI
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

AnsibleでWordPress環境を構築する

AnsibleでWordPressの動作環境を構築するplaybookを書きました。 Ansibleが2.0系になってからしっかりとつかっていなかったのと、今使っているVPSで稼働しているOSがCen …

Jenkinsでビルド実行時に確認を行う方法

Jenkins便利ですねー。 ビルドボタン一発で処理が実行されますからね。 しかしながら、中には実行が怖いビルドもありますよね・・・。 例えば、本番サーバーで運用しているアプリケーションへのデプロイと …

JenkinsでSCMにGitを追加して、Bitbucktからクローンする方法

JekninsでGitリポジトリを取得するためのプラグインがありますので、そのプラグインをダウンロードして、ついでにBitbucketからチェックアウトしたいと思います。 ちなみに、Bitbucket …

CircleCIでGradleをキャッシュする

基本的にCIサーバーには何かをキャッシュする仕組みが準備されていると思います。 ビルドにGradleを使った場合JARのダウンロードに非常に時間がかかる場合があるので、是非ともキャッシュしたいです。 …

Jenkins2でpipelineを使ってビルドするやりかた

概要 先日Jenkins2がリリースされました。 今はまだJenkins1系を使っているのですが、Jenkins2でビルド時にpipelineを使えるということで、一部のジョブをJenkins2に移行 …