アプリ開発

Playframework2にTwitter Bootstrapを導入してみる

投稿日:2013/05/26 更新日:

先日から作っているPlayframework2でTwitterのタイムラインを表示させるアプリケーションですが、せっかくなのでTwitter Bootstrapを使って見ることにしました。

Playframework2にBootstrapを使えるようにする方法があるのですが、今回は手動でセットアップすることにしました。
Bootstrapからファイルをダウンロードしました。

jsファイルとcssファイルの配置

playframework2のディレクトリ構成はあんまりわかっていないのですが、public/以下が静的ファイルの置き場のような気がするので、とりあえずそこにおいてみます。
ダウンロードしたbootstrapのディレクトリから、jsファイルとcssファイルを、public以下のそれぞれのディレクトリへコピーします。
下の図のような感じ
Java - sample_app_app_views_index.scala.html - Eclipse - _Users_kelopo_eclipse_3.7_workspace

main.scala.htmlの修正

@(title: String)(content: Html)

<!DOCTYPE html>

<html>
    <head>
        <title>@title</title>
        <link rel="stylesheet" media="screen" href="@routes.Assets.at("stylesheets/main.css")">
        <link rel="shortcut icon" type="image/png" href="@routes.Assets.at("images/favicon.png")">
        <!-- bootstrapのCSS -->
        <link rel="stylesheet" media="screen" href="@routes.Assets.at("stylesheets/bootstrap.min.css")">
        
        <script src="@routes.Assets.at("javascripts/jquery-1.9.0.min.js")" type="text/javascript"></script>
        <!-- bootstrapのJS -->
        <script src="@routes.Assets.at("javascripts/bootstrap.min.js")" type="text/javascript"></script>
    </head>
    <body>
    	<div class="container">
        @content
        </div>
    </body>
</html>

index.scala.htmlの修正

これは、TwitterのBootstrapのサンプルページから適当なのをコピペします。
僕は、このサンプルページを参照しました。

@(message: String)

@main("Welcome to Play 2.1") {
      <!-- Main hero unit for a primary marketing message or call to action -->
      <div class="hero-unit">
        <h1>Hello, world!</h1>
        <p>This is a template for a simple marketing or informational website. It includes a large callout called the hero unit and three supporting pieces of content. Use it as a starting point to create something more unique.</p>
        <p><a href="#" class="btn btn-primary btn-large">Learn more &raquo;</a></p>
      </div>
      <!-- Example row of columns -->
      <div class="row">
        <div class="span4">
          <h2>Heading</h2>
          <p>Donec id elit non mi porta gravida at eget metus. Fusce dapibus, tellus ac cursus commodo, tortor mauris condimentum nibh, ut fermentum massa justo sit amet risus. Etiam porta sem malesuada magna mollis euismod. Donec sed odio dui. </p>
          <p><a class="btn" href="#">View details &raquo;</a></p>
        </div>
        <div class="span4">
          <h2>Heading</h2>
          <p>Donec id elit non mi porta gravida at eget metus. Fusce dapibus, tellus ac cursus commodo, tortor mauris condimentum nibh, ut fermentum massa justo sit amet risus. Etiam porta sem malesuada magna mollis euismod. Donec sed odio dui. </p>
          <p><a class="btn" href="#">View details &raquo;</a></p>
       </div>
        <div class="span4">
          <h2>Heading</h2>
          <p>Donec sed odio dui. Cras justo odio, dapibus ac facilisis in, egestas eget quam. Vestibulum id ligula porta felis euismod semper. Fusce dapibus, tellus ac cursus commodo, tortor mauris condimentum nibh, ut fermentum massa justo sit amet risus.</p>
          <p><a class="btn" href="#">View details &raquo;</a></p>
        </div>
      </div>
}

表示させてみる

ブラウザで表示させると下のキャプチャのように表示されると思います。
Welcome to Play 2.1-1

これで、bootstrapが使えるようになりました。

-アプリ開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

playframework2のテンプレート内で繰り返し

前回からの続きです。 Twitterから取得したタイムラインを表示する部分を作成します。 取得したタイムラインを繰り返し表示する必要があります。 というわけで、今回はPlayframework2のテン …

no image

Twitterアプリの画面サンプル

Playframework2で作っているアプリですが、Twitterのタイムラインをどんなふうに表示させようかなーと思って、bootstrapのページを色々みているのですが、先の記事の画面でとりあえず …

no image

Xcodeアップデート時に発生するエラー

Xcodeをアップデートすると、たまに妙なエラーが発生することがあります。 必ず発生するわけではないのですが、先日もXcodeを4.6.2にアップデートして、アプリをビルドすると PCH file b …

no image

MacにPlayframework2をインストールする

実は、わたくし今までほとんどフレームワークらしいフレームワークは使ったことがありません。 さすがに、そろそろフレームワークでも触ってみようかと思って色々調べました。 一応この業界に10年ほどいるんです …

no image

playframework2でテストをしてみる

Playframework2のパッケージ構成をみてみると、testパッケージがあります。 ApplicationTest.javaというソースコードがあり、この中をみてみると、 public clas …